検索
  • FC FORTEU15

【1st】2021札幌ブロックカブス 第5節 vs あいの里東中

【日時】2021.8.7

【場所】厚別競技場メイン

【対戦】あいの里東中学校

【結果】3-1

【得点】

 ㉒吉田 朝陽(2年・SS.LAVORO pivo)

 ⑦齊藤 凌馬(2年・FC Kitago PIVO)

 ㊱福田 康大(3年・日新)


【Member】

GK

⑲千葉 謡(2年・FC Kitago PIVO)

DF

㊹安田 壮真(3年・サッポロボーイズU12)

→㉖佐藤 蓮(3年・サッポロボーイズU12)

⑰川尻 詠斗(3年・真栄)

⑳山田 航大(2年・AGGRE U12)

②大平 太雅(2年・FC Kitago PIVO)

→㉝中村 琉之介(3年・平岡南)

MF

⑱八幡 星成(3年・宮の森SC)

→㉔斉藤 成那(3年・真栄)

㉜中村 晟豪(3年・真栄)

⑦齊藤 凌馬(2年・FC Kitago PIVO)

→③小川 颯來(2年・FC Kitago PIVO)

FW

㊱福田 康大(3年・日新)

→㉓齊藤 准青(3年・真栄)

㉒吉田 朝陽(2年・SS.LAVORO pivo)

㉚佐々木 翼(3年・FC Kitago PIVO)


Sub

㉟日和 良太(3年・FC Kitago PIVO)

㉑熊田 蓮(3年・日新)

㉙高野 隆之介(3年・SSS札幌サッカースクール)

㉗島崎 誠大(3年・サッポロボーイズU12)


【試合前のミーティング】

・1部昇格の望みをつなぐため、とにかく勝ち点と得失点を稼ごう

・4-4-2が想定される相手に対し、相手1stライン(2トップ)への数的優位のつくりながら、相手の2列目のの状況を観察しボールを前進させよう。圧力がかかっていれば、2列目~3列目の間でレイオフしてボールを前進させよう。

・厚別メインでの試合をわくわくしてのぞもう


【前半】

練習での雰囲気や、W-upでの活気に欠ける。調子を落としているようにみえる選手を入れ替え、2ndチームでガムシャラにプレーし、チームの雰囲気を好転させていた2年生さらをベンチ入りさせ活性化をはかる。

前半最初から、基本的には危ない場面はなく、相手の背後を突きPAに進入できたが、決定的なチャンスを2本外す。つばさのシュートのリバウンドをあさひが押し込み先制するが、直後にサイドを突破され、折り返しに合わされて同点ゴールを許す。集中力に欠ける…と感じていたがそれをやられたような失点となってしまった。


【ハーフタイム】

・サイドからのポケット攻撃の徹底

・ボールサイドに寄ってきたら逆サイドのSBの背後


【後半】

後半始まり、その形からチャンスをつくる。半ば、ポケット攻撃からの折り返しをりょうまが決め勝ち越し。SBの上がりが遅かったため、SBにれんをいれて横幅を意識させる。ゲームは落ち着き、攻勢を強める。こうだいが混戦から決め3-1。後半は危ない場面は少なく、3-1で終了したが、強度や集中力に欠け、単純なミスも多く、課題の残る試合となった。


【あいの里東戦 ハイライト】







144回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示