検索
  • FC FORTEU15

【1st】2021札幌ブロックカブス 第1節 vs LIV 2nd

【日時】2021.4.17 11:15

【場所】東雁来公園西サッカー場

【対戦】LIV 2nd

【結果】0-2

【得点】


【Member】

GK

⑲千葉 謡(2年・FC Kitago PIVO)

DF

㉟日和 良太(3年・FC Kitago PIVO)

→㉖佐藤 蓮(3年・サッポロボーイズU12)

⑰川尻 詠斗(3年・真栄)

㊹安田 壮真(3年・サッポロボーイズU12)

②大平 太雅(2年・FC Kitago PIVO)

MF

⑱八幡 星成(3年・宮の森SC)

㊱福田 康大(3年・日新)

→㉜中村 晟豪(3年・真栄)

⑦齊藤 凌馬(2年・FC Kitago PIVO)

FW

㉚佐々木 翼(3年・FC Kitago PIVO)

㉒吉田 朝陽(2年・SS.LAVORO pivo)

㉓齊藤 准青(3年・真栄)

→㉔斉藤 成那(3年・真栄)


Sub

㉑熊田 蓮(3年・日新)

㉗島崎 誠大(3年・サッポロボーイズU12)

㉙高野 隆之介(3年・SSS札幌サッカースクール)

㉝中村 琉之介(3年・平岡南)

㉞西村 太一(3年・サッポロボーイズU12)

⑬西川 開登(3年・FCリベルタU15)

⑳山田 航大(2年・AGGRE U12)


【試合前のミーティング】

・まずは背後のスペースを迫力をもって狙いにいこう

・4-3-3の前プレスで強度を高めショートカウンター

・相手の2列目の脇に開放、プレスされることをおそれない。中盤はマンツーマンの可能性があるのでその場合は①ボールを運ぶ②ポジションチェンジ


【前半】

うまく両ワイドの背後のスペースを突き、アーリークロスやポケット攻撃でチャンスをつくる。相手はこちらのSBのスペースにロングボールを入れる攻撃を中心にして、前プレスができない状況。ポジションチェンジで、ポジティブトランジション時のオープニングを落ち着かせることを狙う。CB2人が近くしかみていない状況+幅がない状況になっていた。それでもほぼワンサイドに押し込み、もう少しでゴールがうまれそうな場面がたくさんあるなかで前半終了。


【ハーフタイム】

・幅をしっかりとり、相手をひろげる。サイドチェンジをつかう。

・ワイドの単独突破にせず、SB中心にスプリントして数的優位をつくる。


【後半】

ハーフタイムの確認を意識しながらサイドを崩し、チャンスをつくる。ただ、DFラインでのビルドアップの途中で失い、先制を許す。中盤の運動量が落ち、相手のマンツーマンマークを崩せずにいると、残り5分同じような形で失い0-2となってしまう。ゴールを決めるために選手交代を行うが、相手DFラインを崩しきれなかったり、最後のラストパスやシュートの質を欠き、ゴールを奪えずに試合終了。


【総括】

「2部優勝・1部昇格」に向けて、まずは勝ち点3を狙い、かつスタートダッシュができるように、勢いのある勝利をつかむため、またシーズンインから時間がないこともあり、相手ゴール前への侵入の回数を増やすことを狙った。選手たちは果敢にチャレンジしたが、初戦の緊張感や、決まりそうで決まらない展開で、焦りが出始めた矢先、失点してしまい、痛い敗戦となってしまった。指導者としても、悔やまれる試合となった。


ただ一方で、一人一人の熱や、チームとしてのまとまり、トレーニングの雰囲気…に物足りないものがあったのも事実。勝つことで高まっていくことが一番だったが、この敗戦により、特に3年生たちの奮起に期待したい。



20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示